理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

メンズ

柔道整復を学ぶ

婦人

大学と専門学校の違い

体をより良い状態に整える仕事に、柔道整復師という職業があります。わかりやすく言えな整骨院や接骨院の先生ができる資格であり、整形外科部門では完全に治すことができなかった、筋肉や骨格などの修復を行うのです。柔道などで痛めた体を修復させることができるということから柔道整復師という名前が付けられました。医師免許ではないため、完璧に治療することはできませんが、痛みを軽減させたり、症状を抑える応急処置をすることができます。柔道整復師になるためには、基本的に柔道整復師を養成するための専門学校に3年間通う必要があります。柔道整復師になるためのカリキュラムを取り入れた大学の学部もあります。専門学校でも大学でも必要な事柄を学んで卒業したら、国家試験を受けることができます。柔道整復師に必要なことを学ぶのは専門学校も大学も同じですが、大学は倍率が高いほか、入試も非常に難しいものになっています。それに対して専門学校は入試は非常に簡単です。また、専門学校が柔道整復師に必要な知識や技術だけを徹底的に身に着けることができるのに比べ、大学ではほかに一般的な教養も身につけなくてはなりません。専門学校は3年、大学は4年卒業までにかかるため、一足でも早く柔道整復師の知識や技術を身に着けたいのであれば、専門学校がおすすめです。近年では柔道整復師の知名度も上がってきて、養成する専門学校も増えてきました。国家試験で正答率8割以上で合格すれば、晴れて柔道整復師になることができます。