理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

メンズ

高度医療に対応する

大学生

教育の場がシフトしている

放射線技師になるためには国が指定した専門学校で3年間学び、国家試験に受かればその資格を取ることができます。かつてはこのルートで放射線技師になることが主流でしたが、最近は4年制の大学に進学して、放射線技師を目指す人が増えています。大学進学を選ぶ人が増えたのは、放射線技師の養成機関が4年制大学にシフトしつつあるからです。大学では放射線学や医学などを体系的に学ぶことができます。更に大学では専門学校に比べて、一般教養を学ぶ時間が多いです。専門知識を身につけることはもちろんですが、物事を柔軟に考えるためには一般教養を身につけることが大切です。これは4年間という長い時間を使って、じっくり学ぶことができる大学の特徴を生かしています。また教育の場が大学に移りつつあるのは、医療の高度化が関係しています。かつて放射線技師が扱う画像機器といえばレントゲン装置が主流でした。しかし最近は核医学検査に使われるPETなど、画像機器の高度化が進んでいます。また今までは画像機器による検査が主な業務でしたが、放射線治療にも放射線技師が関わるようになってきています。治療に関わるとなれば、より専門的な医学の知識が必要です。放射線治療に関心があれば、大学進学或いはその先の大学院まで考えておくと良いでしょう。医療の世界は日々進歩を遂げています。放射線技師として就職した後も、積極的に勉強会や学会などに参加して最新の知識を身につけましょう。そうするためにも大学で勉強するという習慣をつけておくと良いのです。