理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

勉強

患者の自立をサポート

女の人

リハビリを行う専門家

高齢化社会や福祉の充実が望まれる現代において、注目の職業が理学療法士です。国家資格を有するリハビリテーションの専門職が理学療法士です。病気や事故により失われてしまった運動機能の回復をはかるスペシャリストなのです。運動機能とは、寝返る・歩く・立つなど人間が日常生活で欠く事の出来ない基本動作です。失われた機能を回復させ、患者が自立した生活が出来るようにバックアップするのが仕事です。実際のリハビリのメニューは、立ち上がりや起き上がり歩行練習を行う運動療法や、電気的刺激やマッサージを行う物理療法などがあります。特に運動療法は運動機能に直接働きかける治療を行いますので、関節の可動域が広がったり、筋力がついたり、痛みの軽減や麻痺の回復が期待出来るます。理学療法士になる為には、専門学校への進学が必要です。多くの専門学校が理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の専門課程を有していますので、どの道に進みたいのか良く考えましょう。まずはどの科も基礎的勉強をし、その後専門課程へと進みます。専門学校を卒業し国家資格を取得後は、様々な職場での活躍が期待出来ます。医療現場は勿論、介護や保健福祉の施設、またその専門知識を生かし、スポーツ医学の専門家としてスポーツトレーナーとしてプロチームに所属している理学療法士も増えています。患者に寄り添い、支える医療の立役者が理学療法士なのです。専門学校を選ぶ際には、カリキュラムの内容や立地条件などをきちんと比較するようにしましょう。

評判がいいです

ドクター

大阪医専大学が人気で選ばれているのは、就職率が高くサポート体制がしっかりしているからです。授業料の援助システムについても、スタッフから詳しい説明をしてもらえます。体験入学も評判で、寮への宿泊もできるようになっています。

高度医療に対応する

大学生

専門学校でも放射線技師は目指せますが、近年の高度な医療技術を学ぶのであれば、四年制大学がおすすめです。四年制大学では、放射線技師としてだけでなく、一般教養も身につけます。また、医学についてもより深く学ぶことになります。より専門的に学びたい人は、大学だけでなく、大学院への進学も考慮しましょう。

柔道整復を学ぶ

婦人

スポーツ場面や接骨院、整骨院などで活躍する柔道整復師。柔道整復師になるためには、柔道整復に関する知識や技術が組み込まれた4年生大学を卒業する方法と、3年間専門学校で学ぶ方法があります。よりしっかり柔道整復のための知識や技術を身に着けるためには専門学校がおすすめです。